個別塾と集団塾の違い


学習塾には大きくわけて「集団指導塾」と「個別指導塾」の2種類があります。名前で大体どういう特徴があるのかイメージがわく人もいるでしょうが、集団指導塾と個別指導塾では授業のスタイルに違いがあります。 まず、集団指導塾というのは1クラスあたり10人や20人など、塾の規模によって人数に違いはあるものの、大人数の生徒に対して1人の先生が授業を行なう形になります。



次に個別指導塾ですが、集団指導塾とは逆に1人か多くて2人程度の生徒に対し、1人の先生が授業を行なっているのが特徴です。 授業料は集団指導塾のほうが割安であることが多いです。 料金以外の違いとしては、集団指導では塾側が決めた授業内容・スケジュールで指導が行なわれていくことになります。 一度病気で欠席などすると、置いていかれた生徒のためだけに補習が行なわれるようなことは基本的にありません。自習で遅れは取り戻す必要があります。



また、集団指導では個別指導に比べて授業中に質問をするのは難しいです。生徒一人のために限られた時間を質疑応答のために割く塾は多くはありません。 質問がある場合には授業外に、個人的にするしかないという場合が多いです。 一方の個別指導は、集団指導と大体反対の特徴があります。 生徒のペースに合わせて、生徒の学習レベルに合った指導が行なわれて、休んでも塾側の都合で授業が先に進んでしまうこともなく、前回の続きから指導を受けることが可能ですし、授業中の質問もしやすいです。